舞鶴市立倉梯小学校

5年生

新しい学習(6.22)
 5年生になり、新しい教科「家庭科」が始まりました。最近では縫い物の学習が始まっています。
「玉留め」「波縫い」「返し縫いに半返し縫い」大人でもだんだんわからなくなってきているのでは・・・・と思える学習です。
 担任のお手本が大型モニターに映し出される様子を確認しながら、子どもたちもなれない手で悪戦苦闘。それでも丁寧に仕上げていました。



こちらは算数科「割合」です。これもまた難関です。「2.5mを1として4mは何倍か」「・・・・」こちらも一生懸命考えていました。
グループでの話し合いも以前のように机をピタリと合わせず、すこし離していました。
「2.5は2.5じゃないの?」といわずに「1」と素直に見ているのがすごいなと感心しました。 


教科になった道徳(6・3)
今年度から道徳の教科書会社が替わり5年生に「浅田真央さん」のソチでの話が載りました。世界中の多くの人が感動したあの場面です。幼かった子どもたちの多くもこのことを知っていました。
道徳での価値は「強い意志」あの時真央さんがどう自分を立て直したのか資料を読んで伝わります。みんなも真央さんの気持ちを真剣に考えていました。



久しぶりの給食(5/26)
 25日(月)から久しぶりに給食が始まりました。給食当番の配膳も久しぶりです。でも、前と変わったことがあります。それは、全員同じ方向を向いていること。小学校の給食は班で机を寄せて食べるのがおなじみの光景でしたが今はそれができません。
 それでも子どもたちはおいしいと楽しい時間をすごしていました。



今日の学習(4/14)
 
5年生になって、教科書の文字も小さくなりました。どの教科も同じ1ページでもたくさんの情報量です。窓が開いていて風が吹いていて少し寒いのでエアコンも付ける対策も。どの学級も新しい学習に意欲的でした。

「昨日の学習と違うところは?」算数科です。

「地球の面積のうち海の占める割合は?」社会科です。このあと算数科でも学習する割合につながる問いかけです。70%と応えた子もありました。


「これからどうしたらいいでしょうか」学級活動です。自分たちの学級をより良くするために話し合います。今求められている力です。



 Copyright(C) 舞鶴市立倉梯小学校. All right reserved.